設計の幅を知る

建築会社によって異なる自由設計の幅

住宅

ハウスメーカーや建築士事務所の多くは自由設計、注文住宅を売りにしているものが多いです。しかしハウスメーカーのいう自由設計と建築士事務所で行う自由設計には大きな差があるのです。これらの違いを知ることでどこに依頼するかを判断することができます。住宅建築を契約する会社を決めることはマイホームを得るためには非常に重要な判断なのです。ここで会社に満足ができなければ完成する住宅にも満足できないことが多いのです。自由設計というだけでなくなぜその会社で住宅を建築するのかということを常に自問自答しながらより良い住宅建築のパートナーを探す必要があるのです。また住宅建築を行う際に建築会社は建築主の良きパートナーでなければなりません。しかし残念ながら会社の中には利益を追求するなど建築主を置き去りにした建築会社も少なくないのです。

建築会社による自由度の違いとは

ただ住む場所という意味での住宅であれば賃貸物件で十分です。その中でマイホームを手に入れたいという人の多くは自分たちのライフスタイルに寄り添った空間が欲しいと考えるのです。そのライフスタイルも多様化していることもあり今後ますます自由設計に魅力を感じる人も増えることが予想されています。 ハウスメーカーでいう自由設計とはある程度の型の中で建築主の要望を反映させる設計である場合が多いのです。ですから独特のデザインや間取りを提案した場合建築できない場合が多いのです。 一方で建築士事務所での自由設計は本当に建築主の要望を反映させた提案がなされます。ベースになるものが何もなく極端に言えば建築基準法などの法律さえクリアすればどんな建物でも建築することが可能です。提案の幅がぐんと広がる一方で建てる側はよりしっかりとしたイメージを持って住宅建築に臨む必要があるのです。