自然素材の選択

住友林業の歴史と現在

部屋

住友林業は元々植林事業から派生して創業した企業です。創業は元禄4年。300年以上の歴史が続いています。元禄4年木材伐採・調達行ったのがはじまりで、明治に伐採による山の荒廃を目の当たりにした当時の支配人が「あをあをとした姿にして大自然を返さなければならない」と決意し「国土報恩」の精神をかかげました。その後年間100万本以上の植林を行い緑ある山々を復活させました。この企業理念は現在も受け継がれ、社員手帳にも浸透しています。そして現在木を活かした注文住宅として事業展開をしており、木造住宅事業では国内トップの企業となっています。また住宅の枠組みだけでなく、街づくりとして自然と調和した美しい街並みとともに人々の豊かな暮らしを提供しています。

住宅の工法と魅力な点

住友林業の住宅は、ビッグフレーム工法という建築工法を採用しています。ビッグフレーム工法とは、木造構造でラーメン構造を可能にした建築方法になります。さらに集成材を使用することにより、がっちりとした造りの家になります。この為、耐震性が優れているという点で評判がよいです。そして、通常ではある程度難しい間取りでも、住友林業のビッグフレーム工法であれば自分の好きな間取りにできるというような評判もあります。 また施工についても評判が高いです。通常の大手メーカーですとすべての工事が他の業者に発注している所を、住友林業では7割の部分を自社で行っています。ほぼ一連の流れが自社の為信頼性も大きいです。 そしてプランニングについても評判が高いです。ママに向けた家づくりの提案など社員の中の一級建築士さによりいろいろな商品企画があります。 現在の住宅事情における問題点や重視したい点を的確に捉えており、今後を見据えた住宅展開が、消費者に支持されていくことでしょう。

価格の傾向を知る

一軒家

住まいを建てる時はまずどんな建て方をするか決めておくべきでしょう。注文住宅にするか分譲住宅にするかでも用意するべき金額に差が出てきてしまいます。また中古という選択肢もあります。

詳細を確認する...

北欧デザイン

インテリア

ハウスメーカーとして人気の「昭和住宅」は、都心を中心に展開しています。北欧を主としたデザインを取り入れているとして知られ、北欧デザインを希望する人に人気です。素材屋デザインにこだわり、満足できる住宅に作り上げます。

詳細を確認する...